FXってリスクはあるの?

###Site Name###

ハイリターンハイリスクの代表とも言われるFX。

実際に、FXで取引をする際のリスクについて考えてみましょう。



FXは日本語に訳すと「外国為替証拠金取引」となります。
ここで「証拠金」という言葉がありますが、これは担保と同じです。
FXでは10000通貨といった大きな金額を扱うことができますが、実際に10000通貨分を手に入れるためには、高額な自己資金が必要になります。
しかし、FXでは10000万通貨分の現金は必要なく、証拠金と呼ばれる少額資金で取引をすることが可能になります。



しかし、為替の変動によって不利な方向に進んでしまうと、10000通貨分の損失を被ることになります。

損失は預けた証拠金内で収まるように業者は手配しますが、為替変動のスピードが速いと、証拠金を上回る損失が出る恐れがあります。また、証拠金の保持率が下がると、ロスカットによって強制決済されることがあります。


為替レートは常に変動しているので、もう少し粘れば復活したかもしれないのに、それを待たずしてロスカット、損失が出ることもあります。各国間の金利の差で、金利の高い国の通貨を持っているとスワップポイントがつくのが特徴ですが、その逆もあります。

たとえば、高金利で知られるオーストラリアドルを「売り」でポジションを持っている場合、決済するまで毎日スワップポイントを支払う立場になります。

教えて!gooの情報を手に入れてみませんか?

為替の変動を待っているうちに、莫大なスワップポイントになっていることもあります。

これらが、考慮すべきリスクだといえるでしょう。