FXでレバレッジを大きくする時は慎重に

###Site Name###

FXの魅力は小さなお金で大きな取引に参加する事が出来る事であり、お小遣い程度の金額からでも取引に参加する事も可能となっています。

これはFXで取引をする時には取引する時のお金全てを負担する必要は無く差額決済となっているからなのですが、取引業者の口座に預けたお金である証拠金に対して取引額が大きいという事は、メリットだけでは無くてデメリットにもなるという事はしっかりと理解しておくべきです。

例えば、100万円の証拠金を預けて100万円の取引をする場合は証拠金と取引の金額が同じなのでレバレッジは1倍となりますが、10万円の証拠金を預けて100万円の取引をすると、証拠金に対して取引額が10倍なのでレバレッジが10倍という事になります。

これら同じ100万円の取引で1ドル100円の時に円を売ってドルを購入すると1万ドルになり、それが円安で1ドル105円でドルを売って円を買い直すと105万円で5万円の利益となり、逆に円高になってしまって1ドル95円となった場合は95万円で5万円の損失になります。



この時、レバレッジに関係なく取引額が同じなら損益についても同じ金額となりますが、証拠金に対する割合で考えると全く異なってくるのです。



10万円の証拠金でレバレッジ10倍となっていれば5万円の利益だと5割も儲ける事になりますが、5万円損失を出した場合は5割もの損害となってしまうのです。

BIGLOBEニュース技術のご紹介です。

それに対し100万円の証拠金でレバレッジ1倍だと儲けは1パーセントと小さいですが、損失も1パーセントで済んでいます。

このようにFXでレバレッジを大きくするというのはメリットだけでは無くデメリットもある事も理解した上で、レバレッジを大きくする時は慎重に取引をした方が良いです。