FXの特徴としくみについて

###Site Name###

FXは、日本語で表わすと外国為替証拠金取引となります。

外国為替とは別々の通貨を交換する取引で、証拠金取引は証拠金を担保にして取引を行うことを指します。



FXを簡単に説明すると、資金を何倍にも大きくして通過の売買を行う投資商品となります。

為替レートは通貨の需給バランスによって変わりますので、通貨が人気があれば価値が上がりますし、人気が無ければ価値が下がります。



FXにおける実際のトレードは現物の取引ではなく、差金決済取引と呼ばれる形で行われます。
現物取引であればそのまま物同士の取引となります、通貨の交換であれば日本紙幣とドル紙幣を両替する取引となりますが、それとは違って差金決済取引では現物同士の交換は行いません。


1ドルが100円だったものが110円になったときには、そのレート変動である差金を取引の対象とします。


それによって発生した損益分のお金をやり取りすることを、差金決済取引といいます。


FXのトレードでは実際にドル紙幣を手に入れることはありませんし、日本紙幣を支払うこともありません。

通貨の売買については、インターネット上で処理が行われるのみとなります。

取引を行うときには、資金を数倍に増やして投資ができるレバレッジのシステムが採用されています。10万円の資金に対して25倍のレバレッジをかけると、250万円の取引が行えるようになります。

このサイトでAll About情報を厳選して紹介しています。

日本の株式市場では平日9時~11時30分、12時30分~15時までが取引時間となっていますが、外国為替市場では世界中の市場が取引をしていますので、24時間いつでもFXの取引ができます。